江の島 春まつり 3月11日12日に開催

恒例の江の島春祭りが開催されます。

ベルマーレも11日(土曜)に江の島を入ったところの左手にある公園にブースをだします。定番のキックターゲットはもちろん、キングベルも登場するとか。

江の島エスカー、江の島サムエル・コッキング苑、江の島岩屋はお祭りの2日間に限り、 小学生以下は無料!この機会に行かれてみては。

http://www.fujisawa-kanko.jp/event/spring_f.html

 

 

未月、広教だけじゃない!2017年期待の藤沢出身選手

 2016年、藤沢から齊藤未月、石原広教と湘南ベルマーレの下部組織から藤沢出身選手が2人もTOPチームへの昇格を果たした。彼ら二人の大いに活躍を期待したい。
 ところで、藤沢はもともとサッカーが盛んな地域。2011年には村岡中学校が全国優勝、今年の3月にも鵠沼中学校が神奈川県大会を優勝している。しかし、土地柄なのか有望選手が湘南ベルマーレを選択するかというと必ずしもそうはならないのが現状。歯止め策として2014年に大庭にベルマーレフットサルコートがオープンし湘南ベルマーレ藤沢-15が新設された。藤沢駅南口の小田急デパート屋上の湘南ベルマーレフットサルコートも6月に10周年を迎え、今ではベルマーレスクール生を駅周辺で見かけることも多くなった。
 そんな藤沢のサッカー事情なのだが今回、藤沢出身で2017年に期待したい選手をピックアップしてみた。

桐光学園 鳥海芳樹(村岡中出身)

 冬の高校選手権、神奈川県代表の桐光学園のエース10番の鳥海選手。彼は村岡キッカーズ、村岡中学校出身。高校2年の時も選手権のレギュラーで大会優秀選手、日本高校選抜にも選ばれている注目選手。小柄ながらもドリブル、パスが特徴とのことだが昨年の悔しさを晴らせるか。

 なお、桐光学園にはマリノスやフロンターレの下部組織出身の選手も多い中、鳥海選手のように藤沢市の中学校出身の選手が二年生に三人、一年生に一人在籍しているので彼らにも応援したい(桐光学園サッカー部後援会HPより)
ちなみに桐光学園といえば中村俊輔が有名だが、彼が高校時代に電車の乗り換えで藤沢駅を利用していたらしく「地下のラーメン屋がおすすめ」と語っていたことがあるが、あれはきっと古久家の事だと思われる。高校生のわりには渋い選択だと思う。

鹿島学園 小長井選手

 湘南ベルマーレ公式サイトの記事「ボイス」で齊藤未月が
「小学校4年生のときに広教ともう一人の友人が先にベルマーレのジュニアのセレクションに受かったという話を聞いて。『俺もJクラブに行きたい!』って気持ちになりました」
と語っている。石原広教とともに入団した「もう一人の友人」が現在、鹿島学園でサイドバックを務める小長井選手。高校から寮生活をおくり国体茨城県代表選手にも選ばれている。鹿島学園は冬の高校選手権、プリンスリーグ関東参入戦の出場もあり、これからが高校サッカー生活の集大成の時期になる。
 そして、いつか未月・ヒロとの対戦を見てみたいものである。近年、Jの下部組織から大学等を経由して戻って来るケースも多いが、彼にはそんな将来も期待したい。
 

国士館大 松本孝平(藤沢清流高校出身)(名古屋グランパス内定)

 期待というよりも名古屋への内定が決まっていて残念、というのが正直なところ。 石川SC→滝の沢中→藤沢清流高校から国士舘大学に進学も当初はサッカー部に属さず一年時の冬からサッカー部へ入部。それでも三年時に関東大学サッカーリーグの得点王になった。身長186センチ、85センチという恵まれた体型でポテンシャルもかなり高いという。今年は厳しいマークにあい4得点、国士舘大学は最下位で二部へ降格してしまったがサッカーをやりながらも救急救命士の資格取得も目指しているという。名古屋はご存知の通りJ2降格で大混乱。果たして松本選手が名古屋の救命士になれるかどうか!?(湘南戦ではおとなしくしておいてもらいたい)

湘南ベルマーレU-15平塚 高山 汐生選手(湘南レオーネ出身)

 中学三年生ながらも身長188センチ(あと2センチでハリル基準クリア!)ですでに世代別日本代表にも選出されているGK高山汐生(タカヤマシオキ)選手は片瀬小を中心に活動する湘南レオーネ出身。
湘南ベルマーレU-15平塚は先日の高円宮杯関東大会決勝で浦和を2−0で破り12月17日からの全国大会への進出も決めている。

 ちなみにSNSでも話題になっていたが、プロレスラー高山善廣とは親戚関係にあるらしい。
格闘家タイプのゴールキーパーといえば、つい思い出してしまうのが若島津健(空手だけど)。
 700a12f7-29ed-4a9d-b75a-a26aaa22ac2c
 こんなプレーも。
 a01f8c0e-3b77-49d3-8034-6b8d0554118e
時にはこんなことも。。
 874b605b-b225-4e2a-af87-d4b2a92a5efb
プロレスラーの血筋をもつ高山選手は若島津くんとは若干タイプが異なるかもしれないけど、ぜひ12月の高円宮杯で全国優勝をしてもらい来年ベルマーレユースの守護神として期待したい。

最後に一番大事なベルマーレユースの情報を。

12月3日(土)に今シーズン最後にして注目の一戦、日大藤沢戦が行われる。
現在の順位は
1位 日大藤沢 勝点35 得失+16
2位 湘南ベルマーレユース 勝点32 得失+15
勝てば優勝が決まる大決戦。

ベルマーレユースの目標はプリンスリーグ関東への昇格。

神奈川県を優勝しないと関東プリンス参入決定戦には出場できません。
未月、ヒロはベトナム遠征のため欠場予定だが馬入で行われるので大声援で後押ししよう!
12月3日(土)14:05 KO @馬入天然芝
将来、有望な選手が湘南ベルマーレを選択してくれるためにもベルマーレユースは上のステージに居続けなくてはいけない。
ベルマーレユースがプリンスリーグ関東に昇格し藤沢含めた湘南地域の有望選手がベルマーレユースに憧れて入部する。そんな将来になれるようまずは馬入で応援しよう!!

(真面目なお知らせ)忘年会まだまだ募集中!

初参加大歓迎!お一人様大歓迎!
今年はHUBを貸し切ります!詳細お申し込みはこちらから。

藤沢市にベルマーレのユニフォームを飾ってもらえることになりました

この度、藤沢市の市庁舎の防災センタービルに全選手サイン入りのユニフォームを展示していただけることになりました。

このユニフォームは、サポーター会で販売している「キュンとするまち藤沢」コラボトートバッグの売り上げをベルマーレ育成強化基金である暴れん坊プレーヤーに応募し提供されたユニフォームです。「キュンとするまち藤沢」のロゴを提供してくれた藤沢市様、そしてトートバッグをご購入いただいた皆様のおかげです、ありがとうございます。

スクリーンショット 2016-08-15 19.18.33

サポーター会で選手からサインをもらい、この度、防災センターの入り口に展示してもらえることになり、メンバーで訪問いたしました。

IMG_3854

防災センターは藤沢市の鈴木市長が働くビルです。きっと毎朝、鈴木市長がユニフォームを目にして応援してくれるはずです。
またこれから新市庁舎やオリンピック開催に向けて市長へ訪問される方々の目に触れると思うと目立つ素敵な場所に展示していただけました。

さっそく、藤沢市の「キュンとするまち藤沢」のフェイスブックにもアップされていました。


いいね!、もしくはシェアしていただけると嬉しいです!

トートバッグは藤沢駅構内の藤沢コンシェルジュもしくはWEB(送料無料)で販売しています。まだご購入されていない方はぜひ!またトートバッグの販売を「うちのお店で取り扱ってもいいよ」というお店も募集中です!ぜひご連絡ください。

ユニフォームはフレームに入れてます。
サインと選手名一覧も飾ってますので防災センターへ足を運んだ際には見てください!

IMG_3295

「湘南の夏、正念場」サポーター会新聞8月号の発行

サポータ会新聞の8月号を発行しました。
29日(金曜)に行われるチラシ配りで配布するほか、江ノ電藤沢駅に設置してあります。

PDFはこちらより(おもて面うら面

おもて面について以下に記載いたします。

湘南の夏、正念場

7/30 川崎戦、8/6浦和戦、8/13広島戦、8/20鹿島戦、8/27G大阪

湘南ベルマーレの順位は22試合を終えてJ2降格圏の16位。アウェーで新潟に勝利した後に、鳥栖、神戸、仙台を相手に3連敗。いずれも無得点での敗戦となってしまった。今後の試合は、7月30日にホームに首位・川崎フロンターレを迎え、その後浦和レッズ、サンフレッチェ広島、鹿島アントラーズ、ガンバ大阪といった優勝争いをしているチームとの対戦となる。まさに8月は正念場だ。ここで勝ち点を積み上げられないと本当に苦しくなる。

相性の良い川崎フロンターレ、そしてリオ五輪の抜けたメンバーからの勝ち点を!

川崎フロンターレとの試合はいつも打ち合いの展開になる。前回対戦は4−4。昨年は2試合とも2−1(1勝1敗)。そして、相性も悪くなく、2011年の天皇杯ではJ2で14位の湘南がJ1で11位の川崎に勝利している。現在、首位を走っている川崎相手となるがここで湘南らしい試合をして、結果でも内容でも自信につなげたいところ。

また今後の対戦相手はリオ五輪メンバーが選ばれている。川崎はボランチの大島、浦和からは遠藤とオーバーエイジの興梠、広島からは塩谷と浅野(アーセナルへ移籍)、鹿島からは植田。いずれも選手層が厚く五輪組が抜けたとしても大きな戦力ダウンにはならないと思われるが、そういうハンデを背負っているチームから確実に勝ち点を奪いたい。

残留するためには最低でも勝ち点34以上。試合数以上の勝ち点を!

現在、降格圏にいることもあり他チームの試合、特に勝ち点が近い福岡、名古屋、甲府、新潟の結果が気になってしまう。ここで過去の降格チーム(16位)と残留チーム(15位)の成績を振り返ってみた。

2015シーズン

勝ち点 得失点
15位(残留) アルビレックス新潟 34 -17
16位(降格) 松本山雅 28 -24

2014シーズン

勝ち点 得失点
15位(残留) 清水エスパルス 36 -18
16位(降格) 大宮アルディージャ 35 -16

2013シーズン

勝ち点 得失点
15位(残留) ヴァンフォーレ甲府 37 -11
16位(降格) 湘南ベルマーレ 25 – -28

2012シーズン

勝ち点 得失点
15位(残留) アルビレックス新潟 40 -5
16位(降格) ヴィッセル神戸 39 -9

こうしてみると年によって残留ラインは変わるものの残留チームで最も勝ち点が少なかったのが15年の新潟、それでも勝ち点が34となる。この年は数字上は勝ち点29以上で残留できたともいえるが、14年に降格した大宮は勝ち点35、さらに12年の神戸に至っては勝ち点39でも残留できなかった(参考:12年の17位はガンバ大阪で勝ち点38で降格)。残留チームの「最低条件」として勝ち点34、つまり試合数と同等以上の勝ち点が必要となってくる。

湘南は22節を終えて勝ち点19、得失点-16。残りの12試合で最低でも勝ち点14以上(1試合平均1.25)が必要であり、残留当確ラインとなる勝ち点40を目指すためには、残り12試合で勝ち点21(1試合平均1.75)が必要となってくる。

他チームの結果次第で順位は変動するしどうしても一喜一憂してしまうが、勝ち点を積み上げられるのは他チームでなく自分たち次第。ラスト2試合は甲府(ホーム)、名古屋(アウェー)との対戦が残されているがそこまでには「最低条件」をクリアしておきたい。

(最後に)後半戦の湘南ベルマーレのポスターのスローガンは前半戦と変わることなく「挑む、超える、必ず」とある。ここで超えるのは残留ラインではない。その先だ。新しいメンバーで湘南スタイルを築きあげる。その一歩を後押しできるようスタジアムにいって応援しよう!

うら面はこちらです。

藤沢にHUBがオープン!

藤沢駅のファミリー通りにBritish PUB Hubがオープン!

しかもベルマーレを応援してくれるとあって店内にはフラッグやユニフォームも展示されていました。

image

image

image

フードを待つ時の席札もベルマーレ仕様に。

店内にはモニターも多数あり早速、17日の神戸戦からライブ中継を楽しめます!

来週木曜まではオープンキャンペーンなのでSALE価格です。なので、オープン初日の昨日は席に座れないお客様も。なので、お店は17時からですので早めに行った方がいいかもしれません。

image

image

藤沢ではこれまで湘南ベルマーレの試合を見れるお店がなかったのですが、遠方アウエーの際にはここに来ればみんなで観戦できますね!

ただ、お店の開店が17時なのでそれより早いキックオフの場合にはどうなるのか心配。

とはいえ、遠方アウエーの神戸戦、仙台戦の中継はあるので現地参戦できない方は行ってみてはいかがでしょうか!

 

横浜F・マリノス戦チラシ配り及び後半戦ポスター貼りについて

横浜F・マリノス戦のチラシ配りを下記の日程で行います。
7月1日金曜 18時半より
場所 藤沢駅
クラブが作成したチラシと一緒にサポーター会新聞7月号も配布する予定です。

また後半戦のポスターについては藤沢駅南口エリアは完了しましたが他の地域についても下記の日程で行う予定です。
7月9日10日
7月16日17日18日
場所は別途更新いたします。
後半戦ポスター

よろしくお願いします。

 

湘南FUJISAWAコンシェルジュにてトートバッグの取り扱い開始

「キュンとするまちふじさわ」のロゴが入った藤沢サポーター会オリジナルトートバッグの藤沢駅南口構内にある観光案内所「湘南FUJISAWAコンシェルジュ」にて販売開始いたしました。

湘南FUJISAWAコンシェルジュは、藤沢や鎌倉を始めとする湘南のお土産品がたくさん揃ってます。地元の名産が数多く揃ってますので、立ち寄ってみると新たな発見があるかも!

IMG_3346

トートバッグの売上は暴れん坊基金に寄付されます。
まだお持ちでない方、ぜひこの機会にどうぞ。

トートバッグの詳細についてはこちらを。

藤沢ベルフェスの開始&藤沢市民デーでブース出展を行いました

5月28日(土)に行われたふじさわ産業フェスタに昨年に引き続き、藤沢ベルフェスと題したステージが行われました。

サポーター会ではキックターゲットなどのお手伝いを行いながらもサポーター会オリジナルグッズの販売を行いました。

IMG_3294

グッズ販売の売上で暴れん坊基金に寄付を行ってます。
こちらは暴れん坊プレーヤーのユニフォームに全選手からサインをもらい展示しています。

IMG_3293

また翌日、5月29日に行われた名古屋戦@藤沢市民デーにもブース出展をいたしました。

IMG_3306

二日間合計で約30枚のトートバッグ、帆前掛けを販売することができました。お買い上げ頂いた皆様、またお手伝いに参加していただいた皆様ありがとうございます。

私たちは「ベルマーレで藤沢をもっと元気に!藤沢にもっとベルマーレを!」を合言葉に湘南ベルマーレのサポート促進と地域貢献を目的にしたネットワークです。